Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

少額の売掛金の回収をする際に一番お勧めとなるのが、少額訴訟の方法です。弁護士費用を倹約可能にするために多くの場合において、少額訴訟は個人レベルで行うことが多くなります。しかし諸手続きを自分で行うのは意外と大変なものがあります。

弁護士さんへの費用のことを考えると自分でやったほうが経済的に得という場合もありますので、調べながらでも自分でやることは意味があります。少額訴訟をすることは国民であれば、誰もが行うことが出来る権利です。ですから、弁護士さんでなければ行えないというものでもないので、丁寧に解説書を調べながら用意をしていくようにするといいでしょう。

また、少額訴訟は1回の審理ですべてを結審させることが求められますので、訴訟を起こす前に十分な準備が必要になってくることは言うまでもありません。仮に、準備不足の場合には自分にとって必ずしも有利ではない結論が出る場合もありますので、その点は注意が必要といえます。自分にとって、有利でなない結審の場合には、もちろん異議を申し立てることも可能となります。ただ、申し立てをすることによってより多くの時間が回収まで必要になってしまいます。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket