売掛金回収には少額訴訟

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

売掛金の回収方法に少額訴訟と呼ばれる方法があります。少額訴訟制度は、売掛金の回収額がそれほど高額でない場合に非常に有効な方法として知られています。一般的には売掛金の回収は弁護士さんに依頼するとスムーズに行うことができますが、その分弁護士費用を支払う必要が出てきますので、少額の売掛金回収の際には、弁護士さんに依頼することは難しくなってしまいます。そのような場合に用いるのが適しているのが少額訴訟ということになります。

少額訴訟は一度に60万円以上の請求を行うことができませんが、例えば50万円の請求を少額訴訟によって複数回行うということは可能となっています。少額訴訟の利点は裁判の回数が一回ということにあります。訴訟になった場合には、解決までに長時間必要になることが多くなりますが、短時間で終了させることが出来るというメリットをもっています。しかしながら、相手側が少額訴訟に応じてくれない場合には普通の裁判になってしまって、完了までの時間が非常に長いものになってしまうことも考えられますのでその点は注意が必要になってきます。

更には、1回の審理ですべてを完了させるためには、事前に証拠となる書類や承認などの手配を完了させておく必要が出てくるのでその点も重要なポイントになってきます。それが難しい場合には少額訴訟は行うことが難しいと判断したほうがいいでしょう。少額訴訟の回数は1年あたり10回と決められています。それ以上の少額訴訟は出来ない規則になっています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket