弁護士に売掛金の相談

少額訴訟によって売掛金の回収を行うことが時にメリットがありますが、一方でデメリットがある場合もあります。売掛金の回収を考えたならば、まずは弁護士さんに相談してみるのは賢い方法になります。弁護士さんに仕事を依頼すると確かに高額な費用が必要になりますが、相談だけでしたら、無料で行ってもらえる場合もあります。

また、弁護士さんには得意分野のようなものもありますので、売掛金の回収を得意としている弁護士さんに仕事の依頼をする必要がでてきます。売掛金の回収業務を得意としている弁護士さんは、例えばネット上で探してみれば比較的簡単に探しだすことが出来るようになってきます。何人かの弁護士さんをリストアップしたら、その中で、無料で相談に乗ってくれる弁護士さんに自分の案件を相談してみるといいでしょう。比較的少額の売掛金の回収の場合には確かに、少額訴訟を薦められるかもしれませんが、一方で法律の専門家ならではの、別の方法を提案してくれるかもしれません。

更には、それに対して必要になってくる費用も見積もってくれるようになるでしょう。そのうえで、自分で回収を行うのがいいのか、あるいは、弁護士さんに仕事を依頼するのがいいのかを判断するといいでしょう。

売掛金回収を個人で

少額の売掛金の回収をする際に一番お勧めとなるのが、少額訴訟の方法です。弁護士費用を倹約可能にするために多くの場合において、少額訴訟は個人レベルで行うことが多くなります。しかし諸手続きを自分で行うのは意外と大変なものがあります。

弁護士さんへの費用のことを考えると自分でやったほうが経済的に得という場合もありますので、調べながらでも自分でやることは意味があります。少額訴訟をすることは国民であれば、誰もが行うことが出来る権利です。ですから、弁護士さんでなければ行えないというものでもないので、丁寧に解説書を調べながら用意をしていくようにするといいでしょう。

また、少額訴訟は1回の審理ですべてを結審させることが求められますので、訴訟を起こす前に十分な準備が必要になってくることは言うまでもありません。仮に、準備不足の場合には自分にとって必ずしも有利ではない結論が出る場合もありますので、その点は注意が必要といえます。自分にとって、有利でなない結審の場合には、もちろん異議を申し立てることも可能となります。ただ、申し立てをすることによってより多くの時間が回収まで必要になってしまいます。

売掛金回収には少額訴訟

売掛金の回収方法に少額訴訟と呼ばれる方法があります。少額訴訟制度は、売掛金の回収額がそれほど高額でない場合に非常に有効な方法として知られています。一般的には売掛金の回収は弁護士さんに依頼するとスムーズに行うことができますが、その分弁護士費用を支払う必要が出てきますので、少額の売掛金回収の際には、弁護士さんに依頼することは難しくなってしまいます。そのような場合に用いるのが適しているのが少額訴訟ということになります。

少額訴訟は一度に60万円以上の請求を行うことができませんが、例えば50万円の請求を少額訴訟によって複数回行うということは可能となっています。少額訴訟の利点は裁判の回数が一回ということにあります。訴訟になった場合には、解決までに長時間必要になることが多くなりますが、短時間で終了させることが出来るというメリットをもっています。しかしながら、相手側が少額訴訟に応じてくれない場合には普通の裁判になってしまって、完了までの時間が非常に長いものになってしまうことも考えられますのでその点は注意が必要になってきます。

更には、1回の審理ですべてを完了させるためには、事前に証拠となる書類や承認などの手配を完了させておく必要が出てくるのでその点も重要なポイントになってきます。それが難しい場合には少額訴訟は行うことが難しいと判断したほうがいいでしょう。少額訴訟の回数は1年あたり10回と決められています。それ以上の少額訴訟は出来ない規則になっています。